2019年1月20日

津久田赤城神社の黄金の鳥居

以前、当ブログに下記のコメントを頂いた。

【赤城村津久田の赤城神社には「本州唯一の黄金鳥居」が珍蔵されている、らしいです。神社には白黒印刷のパンフに白黒の鳥居写真もありました。しかし、かつての宮家祈祷所の神宝なので、事前連絡がないと見ることもくぐることもままなりません。また、インターネット上には写真も見受けられません。 全ては、謎のままであり、奥三河の限界集落くらいの都市伝説です。】


このコメントを頂いた時、私はとても驚いた。
何故ならその鳥居、くぐった事があるのだ。

経緯を話そう。
件の赤城町津久田の赤城神社には私は毎年正月に参拝している。 2018年の1月も例に漏れず参拝した。 三が日を過ぎた境内は人気は無くがらんどうとし、社務所には正月だから普段は居ない宮司さんの人影が見えた。 特に気にせず参拝していると社務所から宮司さんが出てきた。宮司さんは言う。
「黄金の鳥居を作ったんだけど良かったらくぐっていって下さい」
改めて拝殿を見ると、長さ2m程度の木板に立てられた、高さ80cm、幅60cm程度の、真新しい黄金色のミニ鳥居が拝殿の隅の方に見えた。
「これをくぐると開運の御利益がありますよ」
茅の輪くぐりを連想させる出で立ちの鳥居は人が這ってギリギリ通り抜けられる大きさで、正月は子供たちが喜んでくぐっていたと言う。また女性は少々恥ずかしながらくぐっていったとも言っていた。 そんな次第で当時私も黄金の鳥居をくぐらせて頂いたのだ。特段貴重な物とは思えなかったのでその存在はすっかり忘れていた。






で、2019年の正月に今年も参拝で赤城神社に訪れたところ、例の黄金の鳥居が拝殿に置いてあった。 黄金の鳥居について気になってる人もいるところだ、今年はくぐらないが写真だけ撮らせてもらう。






これが黄金の鳥居。
こんな感じです。










コメント(6)



名前 URL






群馬Bスポブログ トップページ

当ページは「群馬B級スポット」のブログページです。 Bスポ以外のネタや日常のことを気の向くまま綴りますが、特に面白い事は書けないので期待は厳禁。 こっちにはコメント機能を実装したのでどしどしコメントを書いてくれると私が喜びます。

スポンサードリンク
アクセスカウンター
バナー(リンクフリー)