2018年3月16日

大幽洞窟スノーシューハイキング



この日(3月3日)はみなかみで雪遊び。
行先は大幽洞窟、片道2km、普通に歩けば一時間で目的地まで行けるゆる~りハイキング。
お誘い頂いたのははぎもん日記のはぎもんさん、最近スノーシューを買ったらしく装備自慢に余念がない。






こちらは私の装備。
決まってる~~。






大幽洞窟へは宝台樹スキー場の奥の林道を進んだ先が登山道。
流石は豪雪地帯藤原とだけあって、看板の位置から見ても150cmくらいは積雪があるのではないだろうか。 スノーシューは雪原を埋まる事なく歩ける。 今日は相当ゆるい行程なので遊びながらゆっくり進みます。






「ティータイムしましょう!」
と、テンションと勢いだけの謎の号令により、歩き始めてまだまだ序盤なのに雪原のカフェを開店してしまった。
はぎもんさんが持参したスコップで整地を行いテーブルを作る。






お湯を沸かしてる間にいい大人がプロレスごっこ。
雪のクッションによって受け身取っても全く痛くない。






そしてカップラーメン。
下から上ってきた登山者に「洞窟はもう少しですか?」と聞かれるも、苦笑しながら「いや我々もこれから登るんです」と答える。 そりゃ誰も歩き初めて早々にティータイムをおっぱじめているとは思わないだろう。 我ながら何でこんな場所でカップラーメン食ってるのか甚だ謎であるが、それが良いのだ。今我々は雪山を楽しんでいるのだ。
気が付くとティータイムは一時間にも及び、「そろそろ行きますか(苦笑)」と軽い腰を上げる。






先人のトレースを追って山を登っていくがここで緊急事態発生。
我々が辿ってきたトレースが途絶えたのだ。
どうやら先人は道を間違え引き返したらしく、それを信じて追った我々も必然的に道を間違え、気が付けば素っ頓狂な場所に連れてこられてしまった。





地図を確認すると一つ隣の沢が正規ルートらしく、等高線上を横移動で正規ルートへ復帰を試みるもこれがなかなか厄介、トレースの無い斜面を無理矢理歩くもんだから滑ること滑ること・・。滑落しても途中で止まるので危険ではないが、思っていたゆるふわ登山とは違った様子となってきた。まあそれも一興、何でもかんでも楽しんだもの勝ちだ。






やっとこさ正規ルートに復帰。
先人のトレースが違ってるから後続の登山者の殆どが道を間違えたようで、地図が読める人は自力で復帰し、そうでない人は引き返してしまったそうだ。






最後の急登を終え洞窟到着!!
他の登山者も何人か見え、「トレースは信用するな、これは教訓だね」なんて話で盛り上がった。






さて、洞窟の中身はこんな具合。
氷旬が綺麗です。








今にも折れそうな氷旬、自然の神秘。






そんなこんなで洞窟を満喫し帰路に着く。
行って帰るだけなら2時間で済むハイキングだが、遊びすぎて下山まで5時間掛かってしまった。いやー、楽しかった。雪山楽しいな!!






コメント(4)

1:

yan

:2018/03/17 07:16:49
あたいもユキーに連れてって(笑)

2:

もぎ

:2018/03/18 19:26:21
>>yanさん

何故か予定の歯車が絶望的に合わないyanさんw
雪は終わってしまったので来年行きましょう!!

3:

はぎもん

:2018/03/21 14:38:48
トレースは信じるな、教訓ですね。

来年は雪山に登りましょう。
(^_^)

4:

もぎ

:2018/03/21 22:58:30
>>はぎもんさん

踏跡の無いトレースを刻む快感たるやです。
絶景を見に行きましょう!



名前 URL






群馬Bスポブログ トップページ

当ページは「群馬B級スポット」のブログページです。 Bスポ以外のネタや日常のことを気の向くまま綴りますが、特に面白い事は書けないので期待は厳禁。 こっちにはコメント機能を実装したのでどしどしコメントを書いてくれると私が喜びます。

スポンサードリンク
アクセスカウンター
バナー(リンクフリー)