2018年3月13日

福島県いわき市、波立海岸の日の出

郡山を午前3時に出発し、車の疎らな深夜の国道49号線を東に進む。 なだらかな坂道を延々と上り、なだらかな坂道を延々と下る。 そうして阿武隈高地を横断すると、中通から浜通りへ、ようやく太平洋に辿りついた。
やってきたのは福島県いわき市の波立海岸、ここで太平洋の日の出を見ようと思う。 時刻は午前5時、海は暗くて何も見えない。 まだ眠る町は静寂に包まれ、打ち寄せる波の音だけが闇の中を繰り返し反響していた。






05:30 東の海の先が明るみ始めた。
今日もまた夜から朝へ移り変わる。






波立海岸は日の出撮影の有名スポット、ましてや休日ともなれば混雑を覚悟していたが意外にもここに居るのは私ひとりだった。 思わぬ独り占めである。
波立海岸、はったちかいがん、と読みます。






ゆっくりと明るくなり、藍色の空から淡い暖色へゆっくりと変わっていく。






水平線の先は雲が掛かっていた。
雲の後ろまで太陽が迫っている。






時刻は06:30
いよいよご来光。






今日が始まった。
海は黄金色に揺れ、辺りは眩い光が差す。 凍えた顔に太陽の熱を感じながら、この静謐で神秘的な光景、その瞬間の美しさは早起きして海までやってきた甲斐が充分にあったと思った。






みるみる内に太陽が高くなる。
美しき朝日の時間はあっという間に過ぎてしまう。






そして爽やかな朝に。
束の間の時間はとても楽しい瞬間だった。
さて、今日はぶらり旅の最終日、今日はどこへ行こうか。



本日のお気に入りショット、 鳥居の神々しさに焦点を当てて・・。
ちなみに写真は全てJPEG撮って出し、場所が良いので誰が撮っても綺麗な写真が撮れますな。






コメント(0)



名前 URL






群馬Bスポブログ トップページ

当ページは「群馬B級スポット」のブログページです。 Bスポ以外のネタや日常のことを気の向くまま綴りますが、特に面白い事は書けないので期待は厳禁。 こっちにはコメント機能を実装したのでどしどしコメントを書いてくれると私が喜びます。

スポンサードリンク
アクセスカウンター
バナー(リンクフリー)