2017年11月24日

デルソル登山部活動(熊鷹山~丸岩岳)

栃木デルソルお泊りオフを終えた私は、デルソル乗りのyanさんと山登りへ向かった。いよいよ何のオフ会だか分からなくなってきました。
前日に相談して決めた佐野市の熊鷹山を目指します。

※この記事を書いているのは11月ですが行ったのは9月です。






yanさんの持っていたガイドブックが古すぎて、登山口のアクセスルートは廃道の如き荒れていた。 少なくともデルソルで行くような道ではないだろう。 林道の長さは3km程度、気合で走る。






車から降りて落石を退かす作業を何度も繰り返し、やっとこさ登山口へ到着。






歩き始めるが登山道の様子がどうやらおかしい。
不釣り合いに立派な橋、そして岩壁をくり抜いた半洞門、そう、まるで鉱山道路のような道だ。






そんな事を思っているとまさかの坑口発見。
詳細は分からないが鉱山があったようだ。
穴があったら入りたいという事で坑道に入り視察。水平方向は10m先で人為的な崩落、斜め上方に鉱脈に沿って採掘されている。坑内の残留物はほぼ無し、地理的にはマンガン鉱山なのかな。






川を挟んで向かいの山を眺めると斜面に幾つもの坑口が見えた。
二人とも鉱山とか好きなのでテンションが上がるが、今日は登山の日なのでスルーで行きます。






佐野の低山との事で登山道の景観は期待してなかったが、深く険しい渓谷沿いを歩いたり、歴史を重ねた巨木の隙間を歩いたり、穏やかな広葉樹林を歩いたり、いい意味で期待を裏切られた変化に富んだ登山道だった。






更に進むと何やら段々に石垣を組んだ跡がある。
なんだこれは? 沢水じゃ水田にならんし、畑でもないし家の基礎でもないし・・。
しばらく歩いて分かったが、ここは昭和の時代に野ワサビを栽培していたワサビ田のようだ。相当広大に栽培されていたようで、今でも野ワサビ残ってないかなと探すが一本も無かった。






さて、山頂ももう少しです。






んで、熊倉山(1169m)登頂!!






ド快晴の空で360°の圧倒的眺望。
これは気持ちいい山だ。
低山がずっと向こうまでひたすら連なり、テント担いで尾根伝いを延々を歩きたいなーとなどと思った。






尾根伝いに歩いて隣の山を目指す。
ここでyanさんの変態的山道具を色々借りてみるがイマイチ使いこなせない。






丸岩岳(1127m)登頂。
先ほと比べて展望一切無しのしょんぼりピーク。

ここから駐車場まで登山道がある筈だが踏み跡が薄すぎてルートが全然分からず。
しかしお互い登山道とかあまり気にしない人間なので、適当に下山開始。






調子よく歩いていた尾根が次第に先細りしていき、沢を手前にして崖にぶち当たり、にっちもさっきも行かなくなる。






yanさんのいい感じの判断でちょいと巻いて下山成功。
低山なので舐めた装備だったが、結果的になんだが普通に危ない登山となってしまった。
まあこれも一興。






デルソル登山部、そんな感じで無事下山。
いや、ヒルに食われたので無事じゃなかった。足が血だらけになりました。

この後温泉でさっぱりして(血が止まらないのでシャワーのみ)解散!
二日間通して参加したデルソルお泊りオフだが、実際あまりデルソル要素はないのだ。
デルソルとかいうマイナーな車がもたらす謎の繋がり、面白いもんである。






コメント(2)



名前 URL






群馬Bスポブログ トップページ

当ページは「群馬B級スポット」のブログページです。 Bスポ以外のネタや日常のことを気の向くまま綴りますが、特に面白い事は書けないので期待は厳禁。 こっちにはコメント機能を実装したのでどしどしコメントを書いてくれると私が喜びます。

スポンサードリンク
アクセスカウンター
バナー(リンクフリー)