2017年08月11日

夏の早朝、ユウスゲ花紀行

8月6日、この日は友人とバイクツーリングの予定。
集合時間までは余裕があるので、私は早起きし、一人榛名山へ向かった。






5:30、榛名山沼ノ原湿原に到着。
バイクを駐車場に停め、木道をとぼとぼ歩く。
辺りは霧立ち、まだ人の姿は見られなかった。






私が見たかったのはこれ、ユウスゲ。
ユウスゲの群生地として知られる榛名山、7月中旬から8月中旬が見頃の花。






「夕菅」の名の通り、夕方に咲き始め、夜中に満開となり、そして朝にはしぼんでしまう。
また、一日花なので花が咲くのはたった一日だけ。
花が咲く一日も、夜の暗闇の中で咲き誇り、太陽の下ではその美しい姿見られない。
そんな桜のような儚さを持つ。






レモンイエローの繊細な花弁が露に濡れる。








今回は早朝に訪れたが、夜中だとどんな風に咲いてるのだろう。
ちなみに去年は7:30に訪れたが、今年の5:30の方が確実に綺麗に咲いてる。
来年はもっと早く来ようかな。

※去年の記事:榛名山沼の原湿原 夏の花紀行






ひとりぼっちだった朝の散歩も、だんだんと人が増えてきて最終的に4組の観光客がユウスゲ鑑賞に興じていた。
ユウスゲの他にも沢山の花が咲いていた。






鬼百合(オニユリ)






大葉擬宝珠(オオバギボウシ)






蛍袋(ホタルブクロ)






松虫草(マツムシソウ)






下野(シモツケ)






河原撫子(カワラナデシコ)






去年も来てるから花の名前が結構分かってきた。
早朝の花紀行に満足し、下山し、朝マックして、友人の待つ集合場所へ向かった。






コメント(2)



名前 URL






群馬Bスポブログ トップページ

当ページは「群馬B級スポット」のブログページです。 Bスポ以外のネタや日常のことを気の向くまま綴りますが、特に面白い事は書けないので期待は厳禁。 こっちにはコメント機能を実装したのでどしどしコメントを書いてくれると私が喜びます。

スポンサードリンク
アクセスカウンター
バナー(リンクフリー)