2017年04月11日

渡良瀬遊水地の桜空

デルソルオフを終えた私は、桜を見ようと渡良瀬遊水地へ向かった。
どの辺に桜が咲いてるか知らないが、広大な敷地のどこかしら咲いてるだろう。






ここは渡良瀬遊水地の端っこの藤岡渡良瀬運動公園。
なにやら人が多く、警備員に誘導されるがまま駐車場に車を停めた。






どうやら今日はバルーンレースを開催していたらしい。
しかしこの時は最終日の15時、もうレースは終わり出店は片づけを始めていた。
ホンダの出店を見つつ、私はお目当ての桜を見に公園内を歩くことにした。






満開。
完全なる満開。

午前中の雨も上がり、辛うじて曇天の桜鑑賞。
このところ桜シーズンの天気がすこぶる悪い。激おこ牛若丸。






桜はパラパラと散り始め、桜のアーケードには絶えず桜の花びらが舞っていた。
先日やっと開花したばかりなのにもう散り始める。






地面に降り積もる桃色の雪。
儚いなぁ。






人が多い桜並木を離れ、堤防をのんびり歩いてみた。








桃色の桜に負けじと、黄色い菜の花も春を彩る。






穏やかなる春の色。





堤防の反対側の低地には、大きな桜が植えられていた。








すんごい巨木。








こちらも満開。
力強く咲いている。






堤防を降り、桜の巨木の隙間を歩いてみた。

目前には視界を埋め尽くす大迫力の桜景色。
しかもここは駐車場から離れ遊歩道も無いので誰も居ない。
この桜を独り占めとは贅沢もいいとこだ。






桜の巨木には緑のツタが巻き付き、幹をもじゃらしてる。
それが鬱蒼とした原生林を連想させ、可憐で繊細な桜花とのコントラストを一層強くさせた。






天を仰げば一面の桜空。
四方が桜に埋め尽くされた空間に私ただひとり。

有名な桜名所に行かなくても、探せばいくらでも穴場があるんだろうなぁ 、と、その辺の認識が今日改めさせられた。








自分で言うのもアレだが、一眼カメラを買った頃に比べると格段に撮影技術が向上している。
私は褒められて伸びるタイプなんで、ね、もっと褒めていいんですよ。






今年は存分に桜を満喫した。
いや違う、まだ見頃が終わってない桜を前にして「満喫した」なんて言うのは桜に対して失礼だろう。
散りきる寸前まで桜を楽しもう。






コメント(2)



名前 URL






群馬Bスポブログ トップページ

当ページは「群馬B級スポット」のブログページです。 Bスポ以外のネタや日常のことを気の向くまま綴りますが、特に面白い事は書けないので期待は厳禁。 こっちにはコメント機能を実装したのでどしどしコメントを書いてくれると私が喜びます。

スポンサードリンク
アクセスカウンター
バナー(リンクフリー)