2017年04月04日

東京廃キング ~廃工場~

前の記事

今日は廃づくめ。
廃村の後は廃工場へ向かいます。






登山道から外れた旧道。
石垣が詰まれたしっかりとした道、数十年前までは人の往来が盛んだった道。
我々は過去にタイムリープするが如く、吸い込まれるように進んでいく。






旧道の先には廃工場があった。
この円柱の塔は鉱石を溜める貯鉱槽。






そして索道の起点があった場所。
かつて、これより上層の鉱石をこの場所に一時貯め、索道にて駅まで輸送していた。






掘削により異形と化した鉱区が山としての形を保っていた頃、この廃工場は使用されていた。
それがやがて大規模に採掘されるようになり、廃工場のエリアは使用されなくなった。
そして更に今では、あれほど大規模な採掘された空間さえも今では掘り尽くされ、この周囲一帯は廃鉱区となってしまった。

ここから見る景色は通常では絶対見られない景色。
大絶景のパノラマを目前にして、つくづく良い物を見れたと思う。





こちらは砕鉱所跡。
経年劣化が進み、今ではコンクリートと鉄骨と僅かな木材が残るのみ。






昔の様子。
上層部より採掘された鉱石が砕鉱所で破砕され、前述の索道にて駅まで輸送されたいた。
(写真はMIMIZU氏提供)






役目を終えたこの廃工場。
ずっと見たかった場所だ。






コンクリート遺構の上部は変電所跡。
鉄骨の橋桁はトロッコ軌道跡。






数年前までは多数の重機が置かれていた筈だが、今ではここの住民は一台の重機だけとなっていた。
坑内用のため背は低く、前進後退を容易に操作できるよう操作席は側面を向いている。






ここはあまり長居する空気じゃない。
我々は早々に切り上げ、来た道を戻り始めた。






工場からの帰り道、MIMIZUさんが鹿の角を発見。






早速装備し、攻撃力が上がったところで次の目的地に向かう。

つづく






コメント(12)



名前 URL






群馬Bスポブログ トップページ

当ページは「群馬B級スポット」のブログページです。 Bスポ以外のネタや日常のことを気の向くまま綴りますが、特に面白い事は書けないので期待は厳禁。 こっちにはコメント機能を実装したのでどしどしコメントを書いてくれると私が喜びます。

スポンサードリンク
アクセスカウンター
バナー(リンクフリー)