2017年04月03日

東京廃キング ~廃村~

前の記事

前日は神奈川で遊んでいたが今日は東京で遊ぶ。
東京の観光地って言ったら、やっぱり奥多摩だね。

昨日同様「MIMIZUのパワーアップBlog」のMIMIZUさんと廃キング。
二日連続の散策もなんのその、青梅駅で集合して奥多摩を目指す。






古地図を見るとこの辺は全て広葉樹林。
しかし今ではヒノキの森。






今日一発目の目的地はここ、山道を30分歩き辿りついた先にある廃集落だ。

少々昔までは木造住宅が立ち並びそれはもう壮観な集落だった。
しかし2005年に解体され、今では石垣と残骸が残るのみ。
ネットで当時の写真を見るとただただ美しく、マニアからすると伝説級の廃村だ。
当時の様子→「幻の廃村 ○○集落 - 廃墟デフレスパイラル






跡地には生活資材が散らばる。






ここは斜面に形成された集落であり、ほぼ全ての道に階段が敷かれている。
一番下の民家は管理されてるので荒らしちゃいけません。






脱穀機が転がっていた。
こんな斜面で稲作をやるのだろうか・・。






階段を登り、上部の集落へ行ってみる。






建物は無いものの石垣の様子が往時を偲ばせた。
最盛期は十数軒の家庭が暮らし、食堂、共同浴場、診療所、理髪店があったという。






この廃村の情景にあてられたのだろうか、誰が言い出すでもなく、我々は別々に散策を始めた。
車道もない山の中の大規模集落、別世界に迷い込んだ気分だ。






ここは食堂の調理場だろうか。






小さい区画にカランが見える。
ここは共同浴場か。






蛇口を見ると「湯」と書いてあった。
間違いなく共同浴場のようだ。






堅固な石垣が集落を覆いまるで遺跡のような様相を呈している。
集落は一切の時が止まっていた。
時を止めたまま、いくつもの季節を迎え、そして過ぎていく。






私はこの幻想的な世界を歩き回る。






果たしてここは死んだ土地だろうか。
時に力強さも感じるのは何故だろう。






二人の口数は少なく、深くこの場所に浸っていた。

さて、次の目的地へ行こう。
ザックを背負い、再び山道を歩き始めた。

つづく






コメント(6)



名前 URL






群馬Bスポブログ トップページ

当ページは「群馬B級スポット」のブログページです。 Bスポ以外のネタや日常のことを気の向くまま綴りますが、特に面白い事は書けないので期待は厳禁。 こっちにはコメント機能を実装したのでどしどしコメントを書いてくれると私が喜びます。

スポンサードリンク
アクセスカウンター
バナー(リンクフリー)